この記事は約 2 分で読めます ( 約 1196 文字 )

大人のメイク方法がいまひとつ分からなかったのと付録の内容につられて「GLOW 12月号の大人の小顔メイクコスメ」を本屋さんで買ってしまいました。
GLOW 12月号の大人の小顔メイクコスメ


※GLOW(グロー) 2017年12月号小顔の魔術師・小田切ヒロさん監修でプロ並みに♪

今まで自己流メイクで眉毛の描き方もいつも同じなので、ずーっと家族に笑われてたんですよねぇー(^-^;)本の値段でこれだけのメイクが貰えるのはお得です。
1.アイシャドウ&アイブロウ、チーク&リップ マルチに使える4色パレット
2.ハイライターペンシル
3.シェーディングペンシル
4.アイライナーペンシル(ネイビー)


※GLOWの105ページ~112ページあたりに「40代からの小顔メイク塾」というメイクで小顔を作る方法が書かれたページがありました。(付録の使い方がわかりやすく解説。)

パレットの色は上の2色はアイメイク用 下の2色はチークやリップに使えるみたいで、開いてみるとフタ部分にミラーも付いてて、わりとしっかりしてたんですが、開け閉めする部分が少し固かったかも?

※ネイルしていると爪に傷が付くかもしれないので、フタの開け閉め要注意です(。>_<。)
アイブロウ代わりになるパレットの左上のカラーは、優しい感じの太眉を作るのに眉下にプラスする方法で、ふんわりナチュラルな雰囲気に仕上げる事が出来ました♪

あとフェースラインをすっきり見せてくれるという2本のペンシル!
顔に線を引いてぼかすだけのメイク方法が慣れると時間もかからなくて、便利でした(〃▽〃)

※手元部分をぐるぐるーっと回すと3.3センチぐらい出てきます。ちょこっとだけ出して顔に落書きするみたいに影にしたい部分、光を強調したい部分に塗ってぼかしながら伸ばします。少量でも結構伸びる(ハイライトは目の下のラインにもぼかして使える)

▼使い方参考動画

目元を際立たせると書かれたペンシルは、もう少し柔らかめの芯なら良かったかな~(^-^;)色が真っ黒じゃなくてネイビー色が混ざってて発色も綺麗だったので、固い芯の使い心地だけが残念でした。(。>_<。)

でも、全体的な印象として今までやった事がないメイク方法はやってみたので凄く勉強になりました♪
雑誌の付録としては90点?本の中のファションコーディネートも今何を着れば良いのか?「プレミアムな大人のコスパ服」のコーナが参考になったので買って損はありませんでしたヽ(〃▽〃)ノ

※Amazonの「今号は紙面も付録もナイスです‼︎」の口コミ書いてる人のコメントすごく分かり易いので必見

The following two tabs change content below.
ちか@大人の情報ブログ

ちか@大人の情報ブログ

トイプードルのワンコが1匹いるごく普通の家庭の主婦です。時々旅行に出かけたり、美味しいものを食べに家族で出かけては写真と撮りまくる日々を過ごしています。検索して面白いものを見つけるのが大好き!「聞いて!聞いて!」って感じで喋りすぎなので、そのうち口に絆創膏貼られそうでびくびくしております(^-^;)
  • コメント
  • トラックバック