この記事は約 4 分で読めます ( 約 2234 文字 )

 

引っ越しでやることや準備は万端ですか?まずはこの3つをチェックしてみてください。【荷造り・箱詰め】、【引っ越し業者の比較と手配】、【ライフラインの各届け出と精算】。引っ越しの準備、超入門サイトです!!不要品買い取りサイトのリンク集も掲載!

 

 

【引っ越し やること】チェックは3つ

 

引っ越し前にやること、準備は案外多いもの。先ずは下記3つをチェックしましょう。

  • 引っ越し前の荷造り
    新居の部屋のことを考えて荷造りしましょう。
  • 引っ越し業者の手配
    一括見積もりなどを利用して料金を節約。
  • 電気やガス、水道等のライフラインの準備
    現住所での精算、引越先住所での届出を忘れずに。

 

【引っ越し やること】荷物の分類

 

詰め込みすぎないように部屋別に荷造り「時間をかけずスピーディーに」と考えて手当たり次第に荷物を詰めてしまうと、今度は新居で箱を開けた時に大きな混乱が生じてしまいます。

 

そこで、まずは引越先新居の部屋別、収納場所別に必要な荷物を分類してみましょう。

 

例えば、リビングに必要な物とキッチンで使う物とを一緒に梱包すると、箱から出した時に両方の場所に荷物を広げなくてはならなくなります。

 

引っ越し後、まずキッチンをすぐに使える状態にしたいという場合は、キッチンの荷物を真っ先に開ける必要があるため、キッチンで使用する物だけをまとめて梱包してやる方が無駄がないわけです。

 

また、部屋別に荷造りした後、箱の表面に「キッチン」「リビング」といったようにマジックで分かりやすく書いておくと、家族はもちろん引っ越し業者にもいちいち口頭で伝えずに済み、全体のやる作業がスムーズになります。

 

【メモ】
間取り図の部屋毎に「番号」を書き、各荷造りした箱にもその番号を書いてやるのも良いですよ。誰が見てもスムーズにその部屋に運べます。
 
引っ越しの荷造りを手際よくやるコツ
引っ越しの準備の中でも特に手間と時間がかかるのが荷造り。
引っ越すぎりぎりまで荷造りに追われてしまわないよう、手順を決めて手際よくやること、ポイントを押さえておきましょう。
 

 

【引っ越し やること】梱包材を上手に使いましょう

 

古い布類は荷造りの緩衝材に活用荷造りを手際よくやることとして重要なのが、梱包材を上手に選ぶという点です。食器などの割れ物は、緩衝材と呼ばれるクッション性の高い梱包材で一つ一つくるむことが一番です。

 

もちろん荷造り専用の緩衝材があれば何の問題もありませんが、このような場合には古くなったタオルやTシャツなどを利用することも可能です。

 

引っ越しの準備中には不要な物をどんどん処分してしまうものですが、古い布類は荷造りに活用することもできるため、適当な大きさにカットしてストックしておくのもよいでしょう。

 

【メモ】
引っ越し業者を頼む場合は、引っ越しの忙しい時期などはこちらの予定日に契約できない場合があります。余裕を持って早めに一括無料見積もり等を利用して、引っ越し業者を決めておきましょう。
>>かんたん一括無料見積もりはこちらから

 

【引っ越し やること】電気やガス、水道等とインターネット回線の準備

 

引っ越ししてすぐに新住居で電気やガス、水道などのライフラインが利用出来るように、事前に各供給会社に連絡をしておきます。

 

現住居での利用料金の精算手続きも忘れずに。こちらも、併せて事前に連絡をしておきましょう。

 

やることで、忘れがちなものにインターネットの契約内容変更手続きがあります。
引っ越し日に合わせてすぐにインターネット回線が使えるように、手続きを早めに依頼しておくと安心です。

 

【メモ】
キャッシュバックが多いところもあるので積極的に利用するとお得です♪
>>【フレッツ光】引越先の料金をチェック!
フレッツ光申込みで≪最大60,000円キャッシュバック!

 

モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi選びの参考になるサイト
>>通信制限無し(無制限)のポケファイ おすすめ どれがいい?

 

【引っ越し やること】壁や床、建具・家具などの保護

 

荷物を運搬する際に傷を付けやすい箇所には養生テープを貼っておく引っ越し荷物の損傷を防ぐと同時にやることとして必要なのが、壁や床、建具や家具などの保護です。

 

特に部屋の出入り口や階段の手すりなどは、荷物を運搬する際に傷を付けやすい箇所です。このような箇所には、跡の残らない養生テープで緩衝材を貼り付けておくなどの対処をしておきましょう。

 

このような準備は引っ越し当日に行なうよりも、事前に行なっておいた方が慌てずに済みます。

 

新居を訪れる機会のある時に必要な保護材を持参し、傷を付けてしまいそうな箇所を確認しながら準備しましょう。十分に保護しておけば、傷の有無に関して引っ越し業者とトラブルになる心配も減ります。

 

 

各種買い取り業者リンク集

 

引っ越しする際には、案外不要品や処分したいものが出てきます。そのような時は各種買い取りサイトを利用するのもひとつの手です。廃棄処分するよりいくらかでも買い取ってもらった方がお得ですよ。
 

 

1分で一番安い引越しを探す! 見積もり比較で引っ越し料金が最大差額50%安くなる!

The following two tabs change content below.
ちか@大人の情報ブログ

ちか@大人の情報ブログ

トイプードルのワンコが1匹いるごく普通の家庭の主婦です。時々旅行に出かけたり、美味しいものを食べに家族で出かけては写真と撮りまくる日々を過ごしています。検索して面白いものを見つけるのが大好き!「聞いて!聞いて!」って感じで喋りすぎなので、そのうち口に絆創膏貼られそうでびくびくしております(^-^;)
カテゴリー
  • コメント
  • トラックバック