この記事は約 2 分で読めます ( 約 974 文字 )

最近は妊娠できない不妊症の女性が増えていることが問題になっています。不妊症の原因はいろいろありますが、晩婚化と妊活スタートの遅れが主な原因ではないかと言われています。

 

 

35歳以上になると卵子も劣化

 

35歳以上になると卵子も劣化35歳以上になると卵子も劣化をしてきて着床や受精をしにくい状態になってきます。

 

これは卵子の細胞の活性化を司っている、いわば「生命維持に欠かせない存在であるミトコンドリアの減少」が決定的な原因だとも言われています。

 

加齢により、体内のミトコンドリアの数が減少していくと妊娠しづらい体質へと変化してしまう、いわゆる自然の摂理。このミトコンドリアを活性化させるために、サプリなどで十分なミトコンドリアの栄養となる成分を供給してあげることが大切です。

 

ミトコンドリアを元気にし、活性化させてあげることによって35歳以上でも卵細胞質のクオリティや機能をアップさせることが可能と言われており、妊娠や出産もスムーズにすすめていくことができます。

 

35歳以上の妊娠は高齢出産

 

35歳以上は高齢出産一般的に35歳以上の妊娠は医学的には高齢出産のくくりになっています。

 

この年齢以降の体の状態は妊娠しにくい不妊が問題になるだけでなく、妊娠中の胎児の成長や母体の健康状態にもあらゆるリスクが高まることが研究データにも現れています。

 

もちろん母体の卵細胞だけでなく、男性側の精子も同じことが言えます。不妊症の原因の多くは、まさに老化した卵子や精子が原因。それゆえに高齢出産は妊娠前からすでにハイリスクを抱えていることになります。

 

35歳以上で妊娠をしたい人へ

 

35歳以上で妊娠をしたい人、妊娠中で高齢出産を迎えることになる人でも、心配することはありません。

 

ミトコンドリアにエネルギーを与える成分を効率的に摂取し、体内のあらゆる細胞に送り込むことで35歳以上の妊娠出産のリスクを大幅に減らすことができます。

 

ミトコプラス健やかな妊娠、そして出産を迎えるためにミトコンドリアのサプリメント、ミトコプラスがおすすめです。

 

ミトコプラスは、妊娠時に必要な栄養補給に着目。独自成分ミネラルCB-1®(特許出願中)をメインにL-カルニチン、ヘスペリジン、総キサントフィルを配合。

 

栄養やエネルギーを与えることでミトコンドリアの増殖や活性化を促進、妊娠率をアップ!また健康な妊娠、そして出産のための体づくりをサポートしてくれる新時代のサプリです。

The following two tabs change content below.
ちか@大人の情報ブログ

ちか@大人の情報ブログ

トイプードルのワンコが1匹いるごく普通の家庭の主婦です。時々旅行に出かけたり、美味しいものを食べに家族で出かけては写真と撮りまくる日々を過ごしています。検索して面白いものを見つけるのが大好き!「聞いて!聞いて!」って感じで喋りすぎなので、そのうち口に絆創膏貼られそうでびくびくしております(^-^;)
タグ
  • コメント
  • トラックバック