この記事は約 3 分で読めます ( 約 1254 文字 )

あっという間に35歳・・・何故?この歳になるまで妊娠・出産に関して真剣に考え無かったんだろう?あとになって気づいて後悔してる人は、わたしのまわりにも多いです。

 

 

原因は、女性の晩婚化と社会進出が関係してるとも言われています。
昔は大学を卒業後、腰かけのつもりで数年働いてから20代前半ですぐ結婚・寿退社→出産、という女性が多かった時代。

 

それが最近では、女性でもキャリアアップを求める時代、会社も早く結婚しなさいとは言わない晩婚バンザイな世の中になりました。

 

仕事が楽しくてバリバリ働いていたら、いつの間にか30代を越えて35歳が目前に!まだまだと思っていたら、同級生はすでに子育てのまっ最中だったΣ( ̄ロ ̄lll)なんて事も・・・

▼年賀はがきの子供写真は、プレッシャーになったりもするよね^^;

30歳を過ぎて、初めて結婚、出産を見据えて婚活をするという人も多いのです。

※実際に30代以降の婚活参加率は年々上昇、年齢あがるほど女性が余る現実。
※男性側が子供を望む場合、35歳以上は却下されてしまうらしい(。>_<。)

 

やっと結婚相手と巡り会えて、いざ子供が欲しいとなった時、次に気になるのが出産の時の危険率、今は35歳以上の「高齢出産」でも事故が起こることはそれほど無いと理解していても、イザ自分の赤ちゃんのこととなると気になってしまうものです。

 

今回はそんな35歳以上の出産を控えたママ、妊活中の方にも知ってもらいたい大事なお話をしてみたいと思います。

 

「35歳以上で妊娠・出産することは難しい?どうすれば妊娠しやすい体になるのか?」

 

妊娠の確率は歳をとるほど下がる一方というのはかなり知れ渡ってきましたが、健康な男性と女性が、排卵日に性行為をして妊娠する可能性はどれぐらいなのか?知ってますか?

 

→実は、35歳未満の妊娠でもたったの20~25%。それが35歳~40歳の場合は10~15%。40歳以上になると、4%までにも激減してしまうんです。
(なんと高いハードル!だから不妊治療する人も増えてるんだね)

 

今、キャリアをアップしたい女性、出産を後回しにしていた女性には、耳の痛い話です。

たとえ妊娠に成功したとしても、次にやってくるのが婦人系の病気・流産・ダウン症・難産のリスク・・・(このあたりで、ごめんなさい、ごめんなさいもうちょっと早く手を打つべきだった(。>_<。)と、言う気持ちになります。)

 

それでも、どうしても赤ちゃんが欲しい!35歳以上でも妊娠・無事に出産したい!そう思ったら即、生活習慣の改善と卵子の老化を防ぐ為の栄養となるものを摂取する事をおすすめします。 出来れば、お医者さんが後押ししてるサプリメントを選ぶのが安心です。

 

【妊活、体質を調整するサプリメント飲むならコレ】
35歳以上の妊娠や出産を望む人に是非、教えてあげたい安全なサプリメントなら、
遺伝子のレベルで考えて作られた、夫婦で飲むミトコンドリアの質をあげるためのサプリメントがおすすめ↓卵子や精子の質の低下に着目したミトコリン↓



The following two tabs change content below.
ちか@大人の情報ブログ

ちか@大人の情報ブログ

トイプードルのワンコが1匹いるごく普通の家庭の主婦です。時々旅行に出かけたり、美味しいものを食べに家族で出かけては写真と撮りまくる日々を過ごしています。検索して面白いものを見つけるのが大好き!「聞いて!聞いて!」って感じで喋りすぎなので、そのうち口に絆創膏貼られそうでびくびくしております(^-^;)