この記事は約 2 分で読めます ( 約 1044 文字 )

女性は35歳以上になると徐々に妊娠しにくくなっていきますが、それは卵子が年齢とともに徐々に減っていき老化していくからです。細胞内のミトコンドリアを活性化し卵子を若返らせることができれば受精もしやすいし着床もしやすくなります。

 

 

卵子の老化

 

卵子の老化35歳以上での初産を高齢出産と言います。女性が毎月排卵する卵子は、実は生まれる前からすべて生成されており、当たり前ですが年齢とともに徐々に減っていきます。

 

胎児は約700万個を持っていると言われ、生まれた時はそれが約200万個に減り、初経時を迎える頃には30万個にまで減少するそうです。

 

女性は35歳以上になると徐々に妊娠しにくくなっていきますが、それは卵子が老化していくから!卵子が老化することにより、妊娠しにくくなるのです。

 

しかし最近では、ミトコンドリアによって卵子の老化を防ぐことができ、妊娠しやすくできる!ということが発見されています。
 
 

 

細胞の中のミトコンドリア

 

細胞の中のミトコンドリアミトコンドリアは細胞内で酸素や栄養、そして摂取した食事からエネルギーを作り出します。卵子の中にも多く存在しています。

 

ですが、卵子の細胞が栄養不足になってしまうとミトコンドリアも栄養不足になってしまい、卵子の発育を妨げてしまうのです。

 

卵子の質が落ちると受精できても着床しにくくなる可能性があり、それがまた不妊の可能性を高めてしまいます。

 

言い換えれば、ミトコンドリアを活性化させることで卵子の発育を促進することができます。ミトコンドリアは、乱れた食生活や生活習慣、喫煙や飲酒の習慣によって更にダメージを受けていきます。そのためまずこのような生活を正すことが重要です。

 

ミトコンドリアを活性化し卵子を若返らせる

 

ミトコンドリアを活性化し卵子を若返らせるミトコンドリアのエネルギーは食事から摂取することは困難です。

 

そのため特に35歳以上の妊娠を望む場合は、ミトコンドリアの活性成分を含んだサプリを摂取することが有効だと言われています。

 

細胞内のミトコンドリアが活性化し卵子を若返らせることができれば、受精もしやすいし着床もしやすくなります。

 

以前は、卵子は年を取ると老化していくものだと考えられており、その老化を妨げることはできないと考えられていました。しかし、ミトコンドリアを積極的に活性化することで卵子が若返ることが分かっているなんて、特に妊娠を望む女性には嬉しいですね。

 

【妊活カップルへ】生殖細胞のミネラルエイジングケアに独自の成分「ミネラルCB-1」を唯一配合している妊活サプリ。
30代、40代夫婦のための機能にこだわったミトコプラス

The following two tabs change content below.
ちか@大人の情報ブログ

ちか@大人の情報ブログ

トイプードルのワンコが1匹いるごく普通の家庭の主婦です。時々旅行に出かけたり、美味しいものを食べに家族で出かけては写真と撮りまくる日々を過ごしています。検索して面白いものを見つけるのが大好き!「聞いて!聞いて!」って感じで喋りすぎなので、そのうち口に絆創膏貼られそうでびくびくしております(^-^;)